●HOME ●自転車は楽しいよ  いろいろな自転車  自転車の乗りこなし
 自転車と道路  サイクリングの実際  自転車と健康
●近場のサイクリング  国内自転車旅  海外自転車旅

野川界隈


 自宅に近い野川は身近な存在で、常々に走っているコースだ。
 この野川を数キロばかり下ると、なじみの自転車店があり、なにかといえばその店に通うことも、野川を走る楽しさを倍増してくれている。

 この野川。多摩地域にあって、特異な環境のなかを流れている。国分寺崖線である。野川の源流は国分寺市の中央部にあり、湧水が豊富なことから、小金井、三鷹、調布、狛江、そして都内の二子玉川(世田谷区)で多摩川に合流しているので、最後の橋「兵庫橋」まで行ける。

 国分寺崖線とは、古代の多摩川の流域の変動に由来する。その昔、現在の多摩川はやや北側に振れており、今日の国分寺崖線と呼ばれるあたりを浸食し河岸を形成した。
 この崖線は今日でも、多摩地域の平地に降った雨が地下に浸透し、湧水となって国分寺崖線から吐き出す。この湧水は野川の随所に見られる。野川の湧水の「源流」は国分寺市内の日立中央研究所にある。ここは春秋の年2回だけ園内を公開している。広大な研究所の敷地内は、かなりの古木もあり、往年の武蔵野の雰囲気を保っており、湧水が湧きだす素晴らしいところだ。

 野川の水源はこのほかに、やはり国分寺市の「真姿の池」も源流の一つとして数えあげることができる。ただし、これらの源流と野川の流れをうまく繋ぐ工夫が見られず、三面掘であったり、暗渠であったり、流れに近づけない民家の裏庭を流れていたりする。したがって湧水から野川を形成する河川としてのたたずまいというものがない。ましてやサイクリング道路などを期待してはいけない。

 野川のサイクリング道路は、河口から小金井市まで、ようやく完成し、いまでは国分寺市との境から小金井市を通り、三鷹市、調布市、そして河口の二子玉川まで走ることができる。但し、一般道とクロスするのは平面交差であり、サイクリング道路はいちいち一般道の信号まで駈けあがり、信号を待って、横断するといったことを繰り返えさなければならない。

 野川をサイクリングをする場合、例えば多摩川のサイクリング道路のような快適さを期待してはいけない。途中には小金井街道といった幹線道路はそう多くはないものの、何本かの道路が平面交差しており、そのほか生活道路との交差も数多い。クルマとの事故は十分に注意しよう。
 さらにバイクの進入を防止する柵も煩わしい。自転車仲間はこれを「おじゃまん棒」と呼んでいるが、なんとかならないものだろうか。また、野川沿いの道は、散歩などを楽しむ歩行者も多い。むろん歩行者優先だ。

 野川には、上流の国分寺市から小金井市にかけて「殿ヶ谷戸庭園」、「貫井神社」、「滄浪泉園」、「はけの森美術館(旧中村研一記念美術館)」、「武蔵野公園」、「野川公園」などがある。
 もとICUのゴルフ場だった野川公園では野川が公園の中を流れており、広くてとてものびやかなところだ。ここにはバードサンクチャリーの「自然観察園」も設置されているし、ヤナギの芽吹きや、サクラの競演、年中見られるようになったカモたちの暮らしぶりといった情景と親しむことができる。もちろん湧き水は相当に豊富だ。しかし野川を流れる水は、夏場には枯れる日もあり、鯉が困ることもある。

 三鷹市から調布市にかけては「多磨霊園・浅間山」、「近藤勇生家跡」、「調布飛行場」、「水車展示館」、「国立天文台」、「神代植物公園」、「深大寺」、すこし離れるが「武者小路実篤記念館」などがあり、野川の自然と一体となった歴史的施設や文化施設に立ち寄ったりしてのんびりとサイクリングを楽しむのに向いている。次の2つは、こうしてのんびりサイクリングをしたときの様子だ。



<写真> 上左から、日立中央研内の「源流」、野川のほとりに咲くケナフ、野川で餌を探すコサギ。
下左から、野川のサクラ、野川公園内の「自然観察園」、浅間山にしか自生しないムサシノキスゲ。


●調布探訪

 これまで意識して走ったことがなかった調布市。たまたま神代植物園前の店で「調布八景」というパンフレットを手にいれたので、これにしたがって走ってみようと思い立った。どこの町にも観光協会なる組織があるが、このパンフレットも調布市観光協会が出している。

 パンフレットには「調布八景」と「七福神めぐり」が載っている。どんなところが調布の見どころかと見てみると、「近藤勇の史跡と野川公園」「神代植物公園と深大寺」「上石原若宮八幡とはけの緑」「布田天神と市」「調布不動尊と国領神社」「武者小路実篤記念館・実篤公園」「糟嶺神社と明照院」そして8番目が「多摩川と花火大会」だった。特に「神代植物公園と深大寺」は、このパンフレットでも大きなスペースで強調されている。

 この日は、まだ知らない調布のスポットを巡ることにした。まず「野草園」だ。深大寺の台地のすそ、中央高速に接して、ひっそりと「野草園」があったが、市が管理しているこの施設は4月1日から開放するという。また隣接する斜面にはカタクリも自生しており、開花すればやはり開放するという。蛍の養殖もやっているそうだ。

 次はそのすこし南にある祇園寺。昔は鬱蒼とした森の中だったと、地元の人が話してくれたが、いまでもその名残が見られる。境内には自由民権運動にまつわる「自由の松」と称されるアカマツが大きく伸びていた。
 ついでのことなので、次のスポットに至る途中をジグザグに走る。調布の街の姿を見ながら走れるのも、自転車のいいところだ。徒歩だと時間もかかり疲れるが、自転車は気軽に「寄り道」ができる。
 調布は国道20号…甲州街道が街を分断している。それを南に越えて、市の東南にある「武者小路実篤記念館・実篤公園」に行く。

 ここは実篤が晩年を過ごしたところで、深大寺と同じく国分寺崖線上に存在している。湧き水が豊富で池が斜面の上と下に2カ所もあった。実篤のアトリエはその斜面の日だまりに保存されていた。こうした家屋敷が彼の死後、調布市に寄贈されて記念館も完成した。記念館には実篤の足跡や書画が展示されており、「新しき村」運動などの資料も豊富で図書館員も常駐している。ちょっとした文化的な香りのするスポットだった。

 そして「糟嶺神社と明照院」を探し求めて走る。それは野川の少し北側にあった。糟嶺神社はどこにでもある在所の氏神だが、鳥居前のショッキングピンクの桜は満開だった。緋寒桜かもしれない。
 次に甲州街道に面している国領神社に赴く。なんども移築されたとかで、神社の趣はほとんどない。でもやはりウリが一つだけあった。藤だ。千年の藤と銘打っている。季節になると大きな藤が見られそうだ。

 今度は甲州街道を北側に渡り返して、調布駅の近くの「布田天神」に行く。丁度「市」も立っていた。境内にリサイクル市と骨董市をミックスしたような露天が並び、見ているだけで面白かった。買いたいと思う物は、なにもなかったけれど…。「布田天神」には梅が咲いていたが何度も梅を観ている目には貧素なものだった。しかし能舞台のような昔からの舞台も残されていて、法被を着た天神さまを支える旦那衆が何人も出ていた。

 府中崖線の東端とおぼしき「上石原若宮八幡」に立ち寄ったあとは最後の「調布郷土博物館」である。京王が経営する「フローラルガーデン・アンジェ」の近くにある。ここで、調布には養蚕農家が多かったことを学ぶことができた。(2005/3)

●都立農業高校

 前回、立ち寄った調布市の「野草園」が4月1日オープンしたと聞いていたので、また同じ谷の斜面のカタクリが咲いている時期だと思い、訪れた。
 道はほぼ中央高速の下を縫うように深大寺の谷と丘に入ってゆく、道はやや登り気味となり、深大寺小学校あたりから東に入る。

 中央高速は掘り割り状となってこの丘陵を引き裂いている。引き裂かれた丘陵を渡す2本の橋が中央道に架かっている。東側の橋が「野草園」への入口だ。9時過ぎに野草園に着いたが、開園は10時とのことだったので、先にカタクリを金網越しに覗いた。わりと広い西斜面が一面カタクリに覆われ、丁度満開だ。

 調布にカタクリとは信じられない思いだ。フェンスは高く頑丈に守られている。10時開門だが、金網にそって斜面を登り、網の隙間から写真に撮る。ここのカタクリは色がややくすんでいる。さらに問題なのは、中央高速と隣接しているために、その騒音が凄まじいことだ。これでは静かにカタクリを楽しむという気分になれない。なんというミスマッチ。気分がそがれてしまう。



 その高速をくぐり北側に進む。するとまたしても金網だ。その向こうは、池があり、コブシが咲き、すばらしい風景が谷いっぱいに広がっている。個人の庭にしては広すぎる。金網にそって斜面を登り、台地に出て、素晴らしい谷を右下に見て北に進む。やがて車道に出て青渭神社があった。その南側を見たところ「都立農業高校神代農場」とあり、特別公開中の張り紙。なんという幸運だ。さっそく見学させてもらった。

 日曜日なので無人の受付台の上のノートに氏名と住所を記入して、農場内を歩く。金網越しに外から見ても素晴らしかったが、中はさらに素晴らしい(写真上右)。ちょうどコブシが満開で、ボケの蕾もかなりふくらんでいる。落葉樹の新芽が黄色くまるで花のように見える。谷の湧き水は農場にいくつもの池を形つくり、青く静かに澄んでいる。斜面の樹林の下は、カタクリが密生し、こちらも満開だ。こちらのカタクリはさらに広い斜面を覆っている(写真上左)。野草園のカタクリよりも素晴らしい。高速の騒音もない。深大寺のすぐ東側の谷に、こんな素晴らしい環境がひっそりと残されていたなんて、知らなかった。この「都立農業高校神代農場」がいつまでも存在できることを願った。(2005/04/03)




TOP