●HOME ●自転車は楽しいよ  いろいろな自転車  自転車の乗りこなし
 自転車と道路  サイクリングの実際  自転車と健康
●近場のサイクリング  国内自転車旅  海外自転車旅

カタクリの里めぐり




 サイクリングを楽しむようになって、年中でかけているが、なかでも春はやはりいい。サクラが素晴らしいのは当然だし、多摩地域にはサクラがいたるところに咲いている。特に多摩川やその支流でサクラがないところなどないほど楽しめる。

 しかも、サクラ前線よろしく、多摩川にも高度差があるので、サクラの時期は1カ月以上に渡って楽しめる。例えば、川崎や府中あたりは3月下旬から4月初旬だが、奥多摩あたりに行くと、うんと遅れて咲く。例えば、風張峠付近だと4月末頃がソメイヨシノの見頃だ。したがってサイクリングだと、4月は何度も満開の桜を楽しむことができる。

 こうしてサイクリングの目的を季節の花などに合わせて行うのもいい。ウメ、アヤメ、フジなど、その気になれば、たいがいの花の季節に合わせてでかけ、楽しむことができる。
 ここで紹介するのは、なかでも珍しい部類にはいる多摩のカタクリを求めるサイクリングだ。

 多摩地域にはカタクリがひっそりと咲くスポットが数カ所存在する。なかには最近になって地域のボランティアの人たちが、整備をして大切に育てているところもある。こうしたカタクリのスポットを訪ねよう。
 自転車のいいところは、一度に3個所ほどのスポットを訪ねることができることだろう。ウォーキングやクルマだとそうはいかない。

 まず、多摩川から支流の浅川に入る。川幅も広く、安全なサイクリングを楽しみつつ、浅川の長沼橋を京王「長沼駅」方向に進み、駅の南側の長沼公園の一角にあるカタクリ園を訪ねよう。カタクリは木漏れ日のある、すこし湿り気のある斜面で育つ。もちろん、自転車では入れないので、入口にデポしておく。楽しめる時期は3月下旬から4月上旬だ。

 次は、一旦、長沼橋まで戻り、この浅川に合流している支流の湯殿川を遡る。途中、道路と平面交差するところが何カ所かあるが、クルマに注意して横断すれば問題ない。京王「北野」を過ぎて、R16号を越えたところに片倉城趾公園がある。ここのカタクリは見事だし、規模も大きく、したがって一般客も多い。可憐な花の姿に魅せられることだろう。

 カタクリスポット3個所目のルートは、ここから北上して八王子市の中心部を抜け、浅川を大和田橋で渡る。道は甲州街道をほんの少し走り、続いて都道「八王子武蔵村山線」に入り、JR八高線の小宮駅近くを抜けて、多摩川を「多摩大橋」で渡る。

 昭島市に入るので、「昭和記念公園」を抜けて、残堀川に沿って走っても面白いし、または公園の西側を走り、三ツ木あたりからサクラ並木の「野山北公園自転車道」を通り、野山北公園に向かう。
 野山北公園のカタクリも見事で谷津田を利用した学習田と一体となっている。ここも多くの一般客が訪れている。帰りは隣に「カタクリの湯」があるので、ひと風呂浴びることもできる。

 さらに足が残っているなら、多摩湖に向かおう。同公園から北東方向に辿れば、多摩湖を周回している「多摩湖自転車道」に自然に入ることができる。ついでに西武球場まで足を延ばして、多摩湖堰堤の下部に下り、「武蔵大和駅」前から、「多摩湖自転車道」を小平、小金井方面に向かって辿ることが出来る。(2006/03/25 66km)



TOP