●HOME ●自転車は楽しいよ  いろいろな自転車  自転車の乗りこなし
 自転車と道路  サイクリングの実際  自転車と健康
●近場のサイクリング  国内自転車旅  海外自転車旅

神田川
 
 意外に思われるかもしれないが、神田川の源流は吉祥寺の井の頭公園にある。井の頭池には豊かな湧水が湧き出しており、これが神田川を作りあげてきたのだ。
 ここを源に、神田川はほぼ東に向かって流れ、都心部を通過して隅田川に合流している典型的な都市河川だ。
 神田川は都市に降った雨をすばやく排水する機能をあわせ持たされており、そのためか深く掘り下げられて、いわゆる3面張りの構造だ。堤防もなく、親水施設も設けられていない。両岸にはびっしりと民家が張りついており、川の両側にはかろうじて散歩道兼自転車道路が作られている。同時にさまざまな並木も植えられており、細長い川添いの公園といった趣もある。もちろん塚山公園、和田堀公園などちゃんとした公園もある。 落葉したサクラ並木の神田川もいいし、小雪の神田川もなかなかの風情だ。

 この散歩道兼自転車道路にはバイク進入禁止の「おじゃまん棒」ががっちりガードを固めているので、自転車でも苦労して通過しなければならない。
 しかし、都心部の喧噪を避けて、散歩する人も多く、自転車で都心部に向かうには絶好のルートでもある。同時に、神田川を利用して、上野方面や、本郷界隈など古き東京を訪ねたりするのもいいかもしれない。




 井の頭池からスタートした場合、三鷹台駅付近で道を失うが、駅裏で神田川に戻れる。久我山まではすぐだ。高井戸では「環八」を信号で渡たり、清掃工場を通過する。途中、「隅田川まで19.5km、源まで5km」と杉並区の立派なキロポストが立っている。永福で「井の頭線」のガードをくぐり、和泉に入る。ここには校庭に芝生を張りつめている「和泉小学校」もある。あたりは「環八」と「環七」の間とは思えない静けさだ。

 「環七」も信号で越えて、方南町では善福寺川が合流してくる。右岸には営団地下鉄の車庫を地上で望むことができる。あとは北上して東中野あたりまでほぼ川沿いに行けるが、ところどころ一般道に迂回しなければならない。高田馬場で流れは東に向かうが、このあたりもややこしいかもしれない。しかしこれで山手線内に入ったのだ。川は早稲田の大隅講堂の北側を流れている。江戸川橋から水道橋に向かい、東京ドームの南を通過する。やがて秋葉原の永代橋だ。こちらにご用があれば、神田川で自転車でゆくのも良いかもしれない。真っ直ぐ進めば、両国橋だ。神田川はこの両国橋の上流側で隅田川に合流している。その手前、神田川が隅田川に注ぐ最後の橋が有名な「柳橋」で、山本周五郎の「柳橋物語」の世界の雰囲気を彷彿させる。隅田川遊びの川船が河口を陣取っている。





TOP